天気屋おっかさん劇場 第弐幕

アメーバブログより 

ひよりなぎと家族の近況日記です。

日々のこと、仕事のこと、子どもに内緒のご飯とか、なんとなく感じていること、つれづれなるままに書き留めています。

天気屋おっかさん劇場 第弐幕

コドモオトコ (土, 09 12月 2017)
職場のある雑居ビルの階下のテナントでカフェめし。 休憩もしない仕事人間の上司から逃げるように、時々ここでひとりめし。 デスクで弁当食べてても、昼休憩など関係ない上司に次々用事を言いつけられるので。 入職して半年は、毎日のように外に食事に出ていた。 正直、同じ職位で上司でも部下でもないのだが、一回り以上年上で、私の方がたまたま何ヵ月か遅く入ったのと、前職でその人は長年某企業の支店のトップにいたという思いと習慣が抜けないようで常に上から目線。 悪気はないのだと思う。ちょっとやそっと言ったって変わらない相手。諦め半分以上~。 まあ、腐っても人生の先輩だから、私に人としての理性があるうちは、とりあえず一歩引く。 特徴としては…。 耳の痛いことは全く耳に入れたくなく、特に年下や女性から否定されると全力で攻撃してくる。(ハラスメント体質だな) 誰がいつ何時何分にそんなこと言ったのか、情報源はどこなのか、しつこく何度も機関銃のようにいい続ける。相手が答えに困るのを見て、論破できたと満足するようだ。 私らから見たらどうでもよいプライドが、オンナコドモに言われると傷つくのだろう。(戦前の封建時代かよ) そのくせ相手の気持ちなど全く無視。 自分のミスは笑って忘れるのに、他人のミスは蛇のごとく長い間重箱の隅をつついて、どうしてそうなったか自分が納得できるまで説明させる。ものすごいしつこさ。粘着質。身勝手。 こんなタイプのキョーレツなモーレツオヤジに結婚後復職してから、何度か仕事上で縁がある。 30代のオトコ。40代のオトコ。60代のオトコ。 どの人の共通点も皆何かに追われているような生き方。 一分一秒が惜しいような、一日中、いや年がら年中、予定をぎっしり入れて動き回っている。 少し離れてみると「できる男」として陶酔しているようにみえる。 しかも二言目には持論展開。 「お前らのためにやってんだ!」 「他にいねえからしかたない!」 「俺がやらなきゃ誰がやるんだ!」 「これからは死ぬまで働く時代が来るのだ!」 それは、貴方方の考えであって、一人でやるならやってくれ。周囲を巻き込まないでくれ。 自分にストイックなのは結構。でも、それを押し付けるのは、今の時代にはそぐわないと思う。 第2の共通点として、どの人も、嫁には何故か頭が上がっていない。嫁の前ではどうやら子供になるようだ。 若くても大人なイクメンが当たり前の時代に、まだまだいるのだ、自分大好きなコドモオトコ。 私のランチ逃亡はまだまだ続きそうだ。
>> 続きを読む

晩秋 (金, 08 12月 2017)
毎年感じるのは 秋たけなわな時期よりも 冬に入った頃の方が 紅葉が鮮やかだと言うこと
>> 続きを読む

秋の一日 (日, 12 11月 2017)
鬼北の秋は今年はのんびりゆっくり。 滑床渓谷、先週はこんな感じでした。 一週間たったし、もう少し色づいてるでしょうか。
>> 続きを読む

2017年残り100日の運勢 (土, 23 9月 2017)
  残り100日の運勢は・・・ 残り100日運勢みくじをひく 紅葉2017年ラストスパート!紅葉 あと100日でしたいことは?  
>> 続きを読む

今日は老後の日 (月, 05 6月 2017)
カメラだな。 水彩や油絵も再開したいけど、目が悪くなって細かい部分が上手にかけなくなったのと、ひつあつがとても低くなり、筆運びが思い通りにいかなくなったことで、自分で描くことが楽しくなくなった。 一眼レフの使い方をプロに少しだけ習ったので、ぜひやりたい。 老後にやってみたい趣味、ある? ▼本日限定!ブログスタンプ あなたもスタンプをGETしよう あなたもスタンプをGETしよう
>> 続きを読む