転勤族でいろんな土地に移り住むことが宿命だったころ、各地に友達を作っていました。20年くらい前ですが、今のようにインターネットは発達していないころです。ペンフレンド的な友達が北海道から沖縄まで20人近くいました。

その友人たちに子どものことを伝えるため、毎月1回、子育て新聞を発行していました。

『うららか育児日記』がこの『OHIYORI日誌』の前身。

家族が増えるのをきっかけに新聞の名前も変更したのです。

 

当時、関西に移り住んで間もなく。

一人っ子だった娘に、病気が見つかりそれに伴う発達遅滞も判明。

慣れない土地での通院と療育が始まりました。

2人目不妊の心配もしながら、いろんな不安の中での子育て。

毎月1回電車を乗り継いで片道1時間半の通院。

娘の療育と通院が始まって約半年後に2人目懐妊。

それから長男が生まれ、年子で次男が生まれ…。

5人家族としてのひより家の歴史が始まりました。

 

当時、朝日新聞の大阪支社の夕刊や、読売新聞のコラムにも取り上げていただいたことがありました。

OHIYORI日誌

超!過酷なマタニティライフ
3人目っておなかにいるときから、はっきりいってかわいそうかも。 胎教に、母の怒鳴り声や姉兄の泣き声、悲鳴…(笑) 生まれるまでの10ヶ月の間、おなかの中で、何を思い何を夢見て成長しているかわかりませんが、8か月検診でおちんちんがついていると判明して以来、少々複雑な気持ちの母。男でも女でも構わないと口では言いながら、ついつい女の子を期待していた自分がいます。ごめん、おなかの子~。 だけどきっと生まれたこの顔を見ると、そんなことどうもよくなると思う。 2時間おきの授乳だって、泣きすぎてでべそになろうが、うんちやしっこでお尻がかぶれても…大丈夫。 眠らない男の兄ちゃんで鍛えられたので、受け入れ態勢は整っているつもり。 それにしても今まで挿絵以上の過酷な日々を送ってきたというのに、よくトラブルらしいトラブルもなくおなかの中にしがみついてくれています。 妊娠も後半に入って精神的な負担でおなかのハリがひどく悩んでいた。でも何とか持ちこたえてくれているようです。 引っ越し前に、社宅でのママ会があったのですが、その際に破水かと思い、あわてて産婦人科に行ったこともありました。幸いにもその時には大丈夫でした。 雪の日もうららを歩いて保育所まで送り届けたが、滑らないようにと最新の注意を払いながら歩いていきました。 どきどきしながらの妊娠後期。夫が先に転勤先に行ってしまってからというもの、本当におなかのハリ以上に気持ちも張って過ごしていました。 明日は引っ越し。 明朝8時ごろには、引っ越し業者が来て荷物を積み始めます。引っ越し準備も動ける範囲でできる限りやってきましたが、いよいよ本番当日大詰めです。今回は一応らくらくパックを頼んでいます。 向こうに移って半月後には里帰り。 それまで、どうか何事もなく無事に過ごせますように。 とはいえ、引っ越しに伴う手続きは正直負担です。未知の土地できかん坊二人抱えて、どれだけ動けるのか心配。ああ、あいも変わらず前途多難な生活が待っているようです。こわいわ~。 そんないろんな不安と闘いながらのマタニティライフですが、おなかの子は結構大きめで、母のストレス食いとともに栄養を分かち合っているのでしょうか。 あまり大きすぎても出産が大変ですし、悩みが尽きないまま明日の引っ越しを迎えます。(1999/02/10)
>> 続きを読む

春一番の新生活 その後…
■引っ越しクライシス■ うららの幼稚園入園問題で、出ばなをくじかれた感があり、N市に対して不信感しか感じられなくなった今、引っ越し自体がこわくて仕方ありません。 いろいろと知人から、N市は福祉面でもすごく遅れていると聞くにつれ、余計と不安がつのりつらく感じるばかりです。文化財の保護だのなんだのにかける予算が多すぎて、福祉関係はおざなりなのだろうかと…。 1月末から夫だけが先に現地へ引っ越し。その2週間後に私と子どもたちが家財とともに移る予定。今回、3年目ということもあり、引っ越しにかかわる手続きやそのほかもろもろのことが、遠ーい記憶の彼方にいっちゃって、思い出すのに大変。不動産屋や引っ越し業者と話していて、ぼけかまして人格を疑われるような質問したりで…恥ずかしい思いもちょくちょく…(笑) 今回は何もかも重なってしまうので、本当に頭の中はパニックです。引っ越しから2週間後には、出産のために実家へ里帰りしなければならないのです。その2週間の間に何もかも完了しなければならないわけで…。2人の落ち着かない小さな子どもをつれて、行政手続きから、金融機関、里帰り準備やうららの病院の転院手続き、幼稚園への転入手続き…あー考えただけでも頭が痛い。 そんな子どもをつれて、全く知らない初めての土地で手続きに回るのは、妊娠9か月の妊婦には過酷すぎです。だれかたすけて~って感じです。でも預け先などありません。 春一番とともに引っ越しする毛けど、決して春一番ほどわくわくするようなものではなく…さわやかな風でもなく…(笑)どろどろとした重ーい気分とともに後ろ髪をひかれる思いで、3年間住んだ土地を後にします。 この地に来た3年前も、うららの発病に気づかないまま、母の私が孤独な育児で落ち込んで押しつぶされそうな毎日を送っていました。変な話、うららの発病がきっかけで外へとメモ向いたように思います。でもN市に移っても同じように落ち込んではいられません。あの時より守るべきものが増えているのです。 母がしっかりしなければ。 できるだけ、積極的に外に向いて厚かましく出ていこうと思っています。 ■なにかと気がかりなマタニティライフ■ 今回、8か月に入ったところでエコーの検診中にどうも男の子のシンボルが見えたような気がした。ドクターに聞いてみると「おとこやん、おとこおとこ。もっぺん見したろか~?」と、うれしそうにこちらを見ながら話してきます。 そんなに「オトコ」ばかり連呼せんといて~。私は女の子だと思っていたのに~。まあ、それはしょうがないか。こればかりは、神のみぞ知るというか。 性別うんぬんよりも、元気な子が生まれるのが一番よいこと。 それよりも、今回は早くから赤ん坊が下がり気味で、おなかがめったやたらに張るので、張り止めの薬をもらっている。 あと半月ほどで引っ越し前。今は産婦人科も主治医なので何かあっても売れ入れてくれるそうですが、夫が先に現地に行ってしまった後の2週間は私に何かあると途端に子どもたちの世話をする人がいなくなります。なんとしても緊急事態は避けれなければなりません。 また、N市に移ってからの2週間も何事もないようにしなければいけません。なぜなら、産婦人科を知らないから…。里帰り出産するまではおなかにいてもらわなければ困るんです。どうかさとがえりまではでてこないでねえ~腹子ちゃん。 ■すでに不安定な我が家のギャングたち■ 「せんせいとばいばいする」と言うことを、ことあるごとにうららに話しています。これが、彼女の気持ちをさらに不安定にしている原因とはわかっているのですが、2年間も山あり谷ありの中でひたすらかわいがって守ってくれた保育園の先生と突然引っ越しして会えなくなるのは、絶対激しい情緒不安定になると感じたので、少しずつ抗体をつける意味でまえもって何度も何度も話していました。 これが逆効果なのかどうか…。 最近問題行動が増えています。 夜な夜なおねしょをし、朝は出がけの大量おもらし。 ぼんやりしていることが多く、呼びかけても無視して返事もしない。 元気がなくて、保育園でも大好きな先生以外の先生のいうことは全く聞かないようです。気ままにふるまいすぎて、結局ひどくしかられるようですが、そうなると大声で泣き暴れて大変なんだそうです。 2月10日で保育園ともバイバイします。 27日の生活発表会の日のみ参加させていただくこととし、この地を後にします。 ただ私の体調のこともあり、出席できるかどうかは不明です。 今回の転勤で、住む家も変わり、生活環境もがらりと変わります。 なにより今回は3人目の子どもが生まれるという、特別な事情もあってすぐにおばあちゃんの家に移動し、夫の実家で預かってもらう段取りになっています。 子どもたち二人で初めて親元を離れるのです。 たった1ヶ月の間で、子どもたちはめまぐるしく大人の事情で翻弄されてあちこち移動させられるのです。 多分そのせいで不安定になるのは目に見えています。 やむを得ないこととはいえ、できるだけ長い時間そばにいてやりたい気持ちでいっぱいです。 5月になったころに、改めて新居に帰る予定ですが、はたして子どもたち2人はどうなっていることでしょう。 カイセイはだんだんといたずらが激しくなってきていて、もうすぐ引っ越しというのに壁に落書きしてくれたり、おもちゃで傷をつけてみたり。 私のおなかに対しても、なぜか攻撃的。ついつい抱っこをするのがつらく、無理に歩かせることも多くなってきたせいか、自分への扱いが前よりぞんざいになったことを敏感に感じている様子。正月を境に、父ちゃんへ甘えの矛先を変更したようです。そこでもともとお父ちゃん子だったうららが場所をとられまいとして、大ゲンカがたびたび勃発。 泣き方も以前にもましてでかくしつこい。いつまでも大声で泣いています。 抱っこしてもらう回数が減って自分の存在を主張する毎日が続いています。 しかし、我が家で今一番情緒不安定なのは、何をかくしましょう、私です(笑) 泣くより不眠に苦しむ今日この頃。結婚当初はよく泣いていましたが、この頃は子どもたちの手前もあり泣くことを忘れていました。それでも今回の幼稚園がきまるまでの間は、何度泣いたことでしょう。 こんなことがあると、どうしても子どもたちにとばっちりが言ってしまいがちです。 うららのどんくさい行動や遅れ気味な発達のこともいつもなら「ああ、またか」ですませるところが、怒りに変換してしまい「あんたがもっとしっかりしないから、幼稚園も行かれないんだ」という抑えきれない情けなさに襲われてしまうのです。今までのように園での生活を先生がつきっきりでサポートしてくれる保証はないのです。…というか、むしろそれはできないとはっきり言われたのです。だから、少しでもできることを増やしていかなければ、行く場所がありません。 この頃、できることもわざとめんどくさがってしないそぶりが見られるので、余計とイライラしてしまいます。私一人が焦ったところで仕方ないのですが、どうにもならないと思いつつついつい口うるさく言ってしまう、そんな自分にも自己嫌悪なのです。(1999/02/07記)
>> 続きを読む

春一番の新生活ふたたび
OHIYORI日誌 ~あら転勤だ!あら出産だ!!あら入園だ!!!~ OHIYORI日誌 ■転勤族の宿命 うおおおっ!!決まった決まった!ついにおそれていた転勤があっっ!! 今年こそは・・・と毎年毎年年末が近づくにつれ、胃のイターイ思いをしていたが、ついに来てしまいました。当初、神奈川県か埼玉県と言われていましたが、上司に近隣での異動に変更できないか相談し、結果的に奈良県に決まりました。 何しろ今私は、3人目を妊娠中の身。出産予定日は4月3日なのです。 引っ越しは1月末日。妊娠8か月に入っているころになります。 いくらお任せパックを使ったところで、今までの経験から考えたら、完璧に何もかもすっきり荷物を片付けてくれた業者はいませんでした。結局、この家の主婦である自分が片付ける羽目になるのが予測できています。 ■住む前から嫌いになる それはそれで困ったことなのですが・・・。 今回、もっとも困っていることがありまして・・・。それは、うららさんの幼稚園入園、保育園編入がスムーズにいかないこと。 私も妊娠していない状態であれば、もっと現地に赴いて担当者とガチで話し合いにも挑むのですが、それができません。電話で市役所の担当者に紹介されて、いざ当該幼稚園に電話すると受け入れに後ろ向きな返事しかもらえません。 ご存じのとおり、うららには軽い障害があります。公立幼稚園でも受け入れにはなんとなく二の足を踏んでいるような後ろ向きな返事しかいただけず・・・。お先真っ暗。 何件か連絡を入れ、引っ越しの場所がまだ定まらないことを伝えたら、「ほかの幼稚園の校区に引っ越しされたらいかがですか?」とか言われてしまいました。 定員に余裕はあるそうですが、現在の病状や情緒面での落ち着きのなさ、多動傾向があることを伝えると加配が必要と判断されるようですが、タイミングが悪く、各園につき一人しか加配の先生が配置できず、度の園でもうららより小さいクラスにすでに加配がついているため、新たな要請ができないとのこと。 「1月の今になってそういう話をされても、幼稚園からはどうにもできません。市の学務課に直接ご自身で出向いて加配職員を付けてもらえるように直談判されてください。それが通るようでしたら検討させていただきます」と、はっきりと言われてしまいました。 また「こちらは校区が特に定められていないので、他の受け入れてくださる幼稚園を探す方がいいと思います」と、以前とは違う返事をして、とことん逃げ腰な返事。 しかし、いろいろ話を聞いていくうちに、同じ幼稚園に通う子どもたちはほぼ100%同じ小学校に入学するとか。うちの子は障害があるから、一緒の小学校に行くことはないと思われているようです。 ほんとに・・・どいつもこいつも逃げ腰な返事。 実はその前に紹介してくれた、学務課の担当者の言葉もひどいものでした。 「まあ、幼稚園は義務教育ではないですからね・・・」 まるで障害児は幼稚園に入らなくてもいいじゃないか・・・という風にとれる差別的な発言に、落胆はすごいですよ。 間もなく引っ越ししてここに今からすまなければならないことが果てしなくつらく思えました。 行く前から大嫌いになりそうでした。 ■時間はすすむよ 悔し涙に暮れつつも、どんどん時間は過ぎていくものです。立ち止まっていることはできません。今回、引っ越し業者は会社が手配をしてくれるそうですが、当日までにしておかなければいけないことが山ほどあります。 うららの幼稚園の件もそうですが、まず役所関係の手続き。転出・転入手続きに、子どもたちの医療関係、手当て、うららの福祉関係の手続き。なにより通院している病院からの転院手続き。 普通の病気と違うので、書類上の手続きも大変です。病院だけでなく、保健所まで行かなければなりません。 それに、銀行や郵便局にも・・・。 ああ・・・気が狂いそう。 3年も同じところにとどまったことがなかったので、すっかり忘れています。 ■思い出は多いほうが・・・ 私は今妊婦です。引っ越してすぐに産婦人科を探したいとおもっていますが、できれば、出産は里帰りして上の2人と同じ病院でしたいと思います。 と、なると1月松に引っ越しして、2月下旬には実家へ帰らなければ下手すると、早産なんてことになりかねません。 ・・・とここへきて、1月末の引っ越しは旦那だけがして、それ以外の家族は2月中旬という予定になりました。理由は、うららの編入先がないこと。2月いっぱいまで今の保育園へ籍を残していただくこととなりました。 私の体調は全く無視した、正直ムチャと思われても仕方ない計画ですが、うららを優先したらせめて思い出は多いほうがいいじゃないですか・・・。 しかし・・・そうなってくると、約2週間ですべての手続きを完了して、3月までには実家へもどらなければなりません。誰にも頼るあてがない私たち家族にとって、これは結構過酷な2週間となりそうです。 ■母子通園 あてがないと言えば、もしうららが新入園児としてに遊園したとしても、当分母子通園をすることが決められました。そうなると、カイセイと生まれたてのアカンボともつけていかなければなりません。 園によっては『お姉ちゃんの世話をしていただくためには危険度が増すので下の子どもは連れてこないように』なんて、意地悪な事を条件に言ってくるところもありました。 転勤で引っ越しして頼る人がいないと説明していても、とにかく安全を優先にするとそうなるみたいです。 母子通園で私の付き添いができない場合は、入園を認められないと遠まわしに言っているのと同じですよ。いずれも公立幼稚園。 信じられないと思いませんか? ■重なる年 OHIYORI日誌 なんで今回よりによって何もかも重なってしまうのかなあ。 夫の厄年と私の厄年が重なっていることも一つかなあ…なんて。 何よりも今は3人目を無事に産むことが一番大事なこと。 転居先へ帰ってからは、母子通園がいつまで続くかわかりませんが、とにかく落ち着くまでにはかなり時間がかかりそうです。 毎度のこととはいえ、今年もまた、肉体的・精神的に疲れ果てそうな予感です。 今度の転居先では、勤務先にも転園先にも食堂も給食もないので、弁当作りが始まります。 せめて生まれてくるおなかの子よ、よく眠る赤ん坊であれ~!!と、祈るばかりです。 男の子だったら、兄ちゃんに似て寝ない子かもしれない・・・。どうかそれだけは勘弁してほしいと心から祈っています。
>> 続きを読む